トップページ | 新しい生活 »

2009-08-11

え〜と、はじめまして

おいらコン太。
ここんちにイソーローして、もう何週間もたちました。

8111_2

ここに来る前のことから、ちょっと話してみようと思います。

いつ頃からかな〜、おいらひとりでウロウロしてました。
もうハラはペコペコだし、昼間は暑いし、どこにいるのかよくわかんないし
もうウロウロウロウロ・・・

そしたらどこか遠くから声がきこえてきました。

「ジャミーズジミショへ行けよーーーー」

だれ?ダレの声?

「メシーさんがメシくれるぞーーーー」

だれ?それダレ?? その人にあいたい!!

おいら、おもわず遠吠えしてました。
「どこだーー?それどこだーーーー?」

遠い声が言いました。
「おのれを信じてすすめーーー犬が3匹いるところだーーー」

そしておいらはついに見つけました。
犬が3匹いる所。おいらのハラペコのカンがここだと言いました。

毎晩通いました。
「おいらを入れてー!メシーさんメシ!」
でもそこの3匹がものすごいイキオイでワンワンガウガウ吠えまくって
おいらの心の声なんかとどきゃしない。
でもせめておいらが来たことだけでも知ってほしくて
その家のあちこちに名刺代わりのオシッコをかけまくりました。

そんなある夜、「今日もメシーさんに会えなかった・・・」と
とぼとぼ暗闇を歩いていたら、
なんか、かぐわしいニオイがしてきました。
ハラペコおいらはふらふらとそっちへ歩いていったら、
突然なんだかわからないものにつかまってしまったimpact
もがけばもがくほどつかまって、おいら完全に動けなくなりました。

でも、おいらそこでじっとしてました。
長い時間がたちました。
その間、ジャミーズの犬が「オマエ、ずっとそこで何してるんだ!!」と怒って吠えてました。
おいらにも何がどうなってるのかわかんないから、答えようがありません。
ただ待ってよう、と思っただけ。きっとだれかが助けてくれるって。
それが遠い声が言った「おのれの信じる」ことだったから。

真っ暗闇の中から、灯りが突然近づいてきました。
ずっと吠えてた犬がうなりながら、おいらの方にまっしぐらにやってきました。
そしてその後ろから人が!

「メシーさんだ!!メシーさんにちがいないーー!!!!」

おいらうれしくて、動けなくても、しっぽブンブンふって大喜びしました。
犬がうなってたけど、早くメシーさんとこに行きたくて
「早く早くうれしいうれしい♪」てキュンキュン言いました。

で、おいらようやく自由の身に。
もうメシーさんから離れませんでした。
3匹の犬がものすごい恐い声でギャンギャンimpactbomb怒りまくったけど
おいらぜんぜん気にならない。
だって、遠くの声が言ったとおり、メシーさんがすぐにメシriceball持ってきてくれました。

やったー!やったー!\(^o^)/

ついにおいらメシにありついたんだ。

Photo
次の日に、わかったんだけど、
おいらが動けなくなったのは、このネットにからまったからでした。
メシーさんがネット張った人に、おいらを助けるためにネットを切ったことをあやまってました。
そしたら、この畑の奥で、大きなイノシシがワナにかかってたんだって。
このネットもイノシシ用だって。
で、イノシシはもう死んでたらしい。
おいらが引き寄せられたニオイはそのイノシシだったんだ・・・

メシーさんは、おいらがかかったのがワナじゃなくてネットでよかった、と言ってました。

81127/19

そんなわけで、おいらのここでの生活が始まったんです。

おいら、ハラペコじゃなくなったら、また遠い声にきいてみたいです。
「で、おいらはここでどうするんだーー?」


トップページ | 新しい生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トップページ | 新しい生活 »